私の備忘録として書いている、このブログですが、
これから少しの間は、私の仕事であるネットワーク関連で、日々使うコマンドや診断ツールなど、書いていきたいと思います

まず、普段、最も使うコマンド『ping』


Ping』コマンドとは

pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドです


『Ping』コマンドの使い方例

例1.自分の端末と通信したいホストと疎通が可能かを確認する
>ping 192.168.1.254
ping1

<ping結果>
疎通OKの場合
ping2

疎通NGの場合(ホストはいるが応答を返さない為タイムアウト)✳その他の結果は後日説明します
ping3


ただし、PingがOKでもその他の通信ができない場合があります。
例えば、Ping応答OKだけど、ファイルアクセスができないなど・・

その逆もあります。

対応ホストのファイアウォールや、経路でドロップされている場合もありますので、
Pingは疎通を確認する手段で、通信すべてを確認するものではありせんので、ご注意ください
ただし、通信でできない不具合時は、最低限実施をするのが『Ping』です


例2.通信したいホストとの間で遅延が発生しているか確認する
ping1

<ping結果>
同じLAN内なので数msで応答がある。遅延はほぼありません
ping4

海外のサイトだと応答が数十msと遅い、若干遅延があります
ping6

ただし、それがアプリケーションの使用に影響があるかどうかは別です
どうも『インターネットが遅い』時などの、参考値として測定する事は有効です

例えば、Googleへのインターネットアクセスが遅い場合、
下の図のように、近い順にpingを打っていき、応答の遅い区間を調べます、
そこから、ボトルネックを探ります

ping7


その他にも、まだ機能がありますので、次回説明させていただきます

次回へ続く