こんにちは。ささです。

最近、寒くて、外の出るのをためらう事が多かったですが

昨日は思い切って、武蔵野の森スポーツプラザに「春の高校バレー2019」準決勝を観戦に行きました
haru02

どちらかというと、男子の鎮西、洛南がお目当てだったのですが・・

1試合目の、「下北沢成徳(東京第一)」VS「東九州龍谷(大分)」の試合がすごかった!!
結果は、フルセットの末、東龍の勝利なのですが
haru01

内容がすばらしい。両チーム、ボールを「落とさない」、「つなぐ」
どちらが勝つか、最後の1球まで分からない、すごい試合でした

私は、関東在住ですし、石川も気になるので、最初は「下北沢成徳」推しでした

ただ・・

東九州龍谷の「7番」がすごい!!!

室岡選手、162cmなのに、180cm近い相手に、フェイントを使わず、スパイクを打ち抜くんです
「すごい!!」
ジャンプは、最高到達点が297cmとの事。180cmの選手と変わらないと・・そんな事って
リアル日向翔陽
まさに、東龍の「小さな巨人」

あれだけ、身長の高い選手がいる中で、1年生で162cmの室岡選手に、あれだけトスが上がるって
チームからも認められてるって事

あと、スパイクだけじゃなく
・レシーブ
・ブロック
もすごかった!
ブロックの穴になりそうなところですが、結構ブロックで止めてたものなぁ

バレーって、やっていると、身長は?身長は?って言われ続けるスポーツ
身長が高ければ、経験が少なくても、選ばれる
そんな理不尽な経験が多いんですよ

そんな中、室岡選手は、バレーボール選手希望の星だな。
今後も応援していきたいと思います

余談ですが、春高のツッキーのポスター
欲しいなぁ
haru03


スポンサードリンク