こんばんは、今回は久々に仮想環境(VMware)について書きたいと思います

私の自宅には、LenovoPCで作成した、「VMware ESXi6.0」サーバーがあります
このサーバーの用途は、主に検証用のサーバーや、クライントを作成する為。

今回は、どうしても、「vCenterサーバーの検証がしたい」、それも、「ESXiを複数台管理したい」。通常、それには、最低2台の物理サーバーが必要になる、が・・

とても、そんなリソースうちにはない

なので、今ある、「ESXi6.0」上に、「vCenterサーバー」環境を作る。
こんなイメージ、ESXi on ESXi
esx2
その為には、「ESXi ホスト」のゲストマシンとして 「ESXiホスト」を構成(ネスト)します

「Nested ESXi」を構成する

「ESXi ホスト」のゲストマシンとして 「ESXiホスト」を構成(ネスト)する為に必要な事

①「親ESXiホスト」を構築する---済

② 親ESXiのSSHアクセスを有効にして、SSHでログイン

その後/etc/vmware/configファイルの最終行に、vhv.enable = TRUEを追記する
nest1


③仮想ゲストとして、ESXi6.7をインストールします

親のハイパーバイザーはESXi6.0です
esxi1

インストールウィザードを開始します。「カスタム」を選択します
esxi3

仮想マシンの名前を入力します
esxi4

仮想マシンのバージョンは、互換性は気にしないので、最新で
esxi6

ゲストOSは実際はESXi6.7ですのが、リストにないので、「その他」-「VMware ESXi6.5」を選択します
esxi7

CPUは自宅のLenovoPCなので、ソケット数:1.コア数:1を選択しました
esxi8

メモリは、PCに搭載しているサイズ16GBを入力(ホスト分は無視してみました)
esxi9

インストールする仮想ディスクを作成します。この上にさらに仮想ゲストを作成するので、大きめに取ります
esx12

これで、作成します
esxi13

仮想マシンの箱が出来ましたので、実際にESXi6.7をインストールします
esxi14

そのまま「Continue」で進みます
esxi15

インストールするディスクを選択します
esxi16

rootパスワードを設定します
esxi17

ここで警告がでました。使用しているCPUのサポートが今後リリースESXiではサポートされない、という感じでしょうか。まぁ、自宅検証PCですので「Countinue」で進めます
esxi19

インストールに進みました
esxi20

無事インストールが完了し、ESXi6.0の仮想マシンとしてESXi6.7が起動しました

補足ですが・・
OSを入れると分かると思いますが、VmwareデフォルトのNIC設定だとゲストマシンのハイパーバイザーから外への通信ができません。

そのため、親のEsxiで親以外(Vmwareのゲスト)宛てのパケットも受け取れるように、無差別モード (プロミスキャスモード) を有効にする必要があります。

2


次回は、ゲストOSインストールと、「vCenter Appliance」をインストールしてみたいと思います
スポンサードリンク