こんばんは。今日は寒い
昨日まで、暖かかったせいで、コートを着ないで会社に行ってしまいました
う~っ 寒い

さて、最近めっきり、話をきかなくなった「Citrix XenApp」についてです
商品としては、存在していますが、Remote Desktopサービスの影に隠れている感じです

最近の「Remote Desktop」は高機能なので、あまり「XenApp」と変わらない気がします

その中でも、Windows Server 2008からサポートされる「RemoteApp」の存在が大きく
XenAppの得意技である、アプリケーション公開を、WindowsOSの標準機能で実現が可能になりました

また、最近のアプリケーションは「Remote Desktop」に対応しているものも多く、あえて「XenApp」を選択することは、少なくなっているような気がします

Citrix Virtual Apps and Desktop(旧XenApp)

今、Citrixのページを調べたところ、名前が変わってました
「XenApp」改め、「Citrix Virtual Apps  and Desktop」と

Citrix Virtual Apps and Desktops(旧称:XenApp & XenDesktop)

現在(2019/4/8)の最新Ver:Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1903

名前は変わりましたが、XenApp7.Xから、XenDesktopと融合しているところは、相変わらず

さらに、接続クライアントソフトである「Citrix Reciver」も名前を変え、「Citrix Workspace」へ
XenApp7より、Webアクセスのみ対応なので、名前は変わっても、この部分は変わらないでしょうか

いろいろ、変わってしまった事に気づき・・
ちょっと、検証の虫がうずうずしてきたので、
再度、現在のVerで、XenApp環境構築を検証してみたいと思います。
また、報告いたしますね


スポンサードリンク