こんにちは、ささです

最近、インターネットを使っていると、夜10時頃を過ぎると、「すごく遅い」
具体的には、Pingがタイムアウトになる(3回に1回くらい・・)、応答があっても数100msとか、
なるタイミングあります。

そんな時は、「フレッツ光はベストエフォートだからしょうがないかぁ」と、諦めていました
日頃から、何となくで、インターネットを使ってしまっている・・
こんなんではダメだぁ。ダメエンジニアと言われてしまうなぁ

これからは、ちゃんと、自宅のネットワークを自分で管理したい!
なぜなら・・
ベースラインを把握して、障害がおこる前の予兆を把握したり、異常な通信を止めたりしたい!から

ということで、SNMPを使って自宅ネットワークを管理していこうと思います
ツールとしては、色々調べた結果「Zabbix」がいいかな。たぶん・・
さっそく、インストールしていこうと思います

「Zabbix」をダウンロードする

今回、「zabbixサーバー」は仮想環境で稼働させます
環境は以下です

HW:Lenovo H520S(CPU Corei5、Mem 16GB)
Hypervisor:VMware ESXi6.0
zabbix01

「Zabbix」のダウンロードは、以下サイトから行います
VMware用の仮想ディスクが提供されています
https://www.zabbix.com/jp/download_appliance

ダウンロードは、安定版(LTS)ver4.0.11、Platform:VirtualBox,VMwareをダウンロード
zabbix02

ダウンロードしたファイルを解凍すると、以下5つのファイルが含まれます
zabbix03

「Zabbix仮想アプライアンス」のセットアップ

ダウンロードした5つのファイルを、データストアにアップロードします
アップロード方法は、データストアブラウザより行います

1. 「vsphereクライアント」から、データストアブラウザを起動し、Zabbix用のフォルダを作成します
zabbix04

2. ダウンロードした5つのファイルをアップロードします
zabbix05

3. ESXiではdisk.vmdkがそのまま利用できないのでvmkfstoolsコマンドでクローンを作成します
vmkfstoosコマンドを実行するので、ESXiサーバーにsshでアクセスします
zabbix06

4. 以下コマンドを実行
#cd /vmfs/volumes/datastore01"データストア名"/ZabbixAppliance/
#vmfstools -i disk.vmdk zabbix.vmdk
zabbix07

5. 使用するvmdkファイルを変更します
#vi zabbix_appliance_4.0.11.vmx
zabbix09

6. 変わった事を確認します
zabbix08

7.  仮想マシンを登録します
「新規仮想マシンの作成」-「作成タイプの選択」で「既存の仮想マシンの登録」を選択
zabbix10

8. 「データストアブラウザ」から先ほど編集した、vmxファイルを選択
zabbix11

9. 仮想マシンを選択
zabbix12

10. 仮想マシンの作成が完了しました
zabbix13


「Zabbix仮想アプライアンス」を起動

作成した、「zabbix仮想アプライアンス」を起動します
zabbix14

ベースは「Ubuntu」が起動してきました
zabbix15


しかし・・
ここから、いくら待っても、画面遷移がない
何かを間違ったみたいです

続きは、トラブルシューティングを行いたいと思います


なかなか、すんなりはいかないですなぁ


こんにちは、ささです

先週、「Zabbix仮想アプライアンス」をインストールしましたが、
うまく起動しませんでした

色々、ググったところ「一馬力さん」のサイトを参考にさせていただきました
https://ichibariki.hatenablog.com/entry/2018/02/25/220501#VM%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

具体的には、ディスクとNICの再作成です
・ハードディスクを削除してから、再作成
zabbix16

NICの削除してから再作成
zabbix17

その後、再度仮想マシンを起動してみます
zabbix18

良かった!
無事、zabbixのログインコンソールが表示されました

理由はわかりませんが、結果オーライとします
次回は、「Zabbix」の初期設定をしてみたいと思います




スポンサードリンク