ささの備忘録

ITインフラSEの備忘録です ITインフラを中心に、 日々忘れないがちな事を、つぶやいていきます

その他

「Softbank光」をやめたいが・・やめられない理由

最近、自宅のインターネット環境がイマイチ・・遅い・・時が多い

4年くらい前に、「AsahiNet」から、「Softbank光」に切り替えました。

理由は簡単で、当時ソフトバンクの携帯電話を、家族4人で契約していたので、
割引になると思って切り替えたのですが、なんだかんだ理由をつけられ、

「500円」しか割引にならなかった。

「何だよ。ソフトバンク、話が違うじゃん!!」

と思ったけど、まぁ、よく確認しなかった私も悪いので、しょうがなくしぶしぶ「Softbank光」を使うことになりました。

文句は言いながらも、最初はインターネットもかなり早く、まぁ満足してました。

でも、最近、「遅い」特に夜が・・
インターネット上のアドレスにPingを打っても、時々Timeoutになるレベル・・

そんな中、先月こんなはがきが届きました
hagaki1

これは「Softbank光」を切り替えるチャンス!!

今、スマホも家族全員「格安スマホ」を使っているので、問題なし

切り替えに向けて、いろいろと調べていたところ、切り替えが大変な事がわかってきました

「Softbank光」は光コラボだった

「光コラボ」とは ------- 光コラボ(光コラボレーション)とは、各事業社がフレッツ光の回線を借りて提供しているインターネットサービスのこと

光コラボのメリットとしては、

・独自のサービス(月々のスマホ代が安くなるなど)が受けられる
・フレッツ光の回線をそのまま使えるので、手間がかからない
・同じ通信速度・安定性でネットができる
・回線とプロバイダが一つになるので、問い合わせ先が一本化される
などがあります。

しかし、デメリットもありました。
いろいろありますが、大きくは2つです。

・フレッツ光には戻せない、戻すには再申し込みが必要※別回線になってしまう
解約すると電話番号が変わる
・ 解約するタイミングにより違約金がかかる

ぜひ、今回はフレッツ光に戻して、再度プロバイダを選びたいとおもってましたが、
戻すと、電話番号が変わってしまう。

かといって、フレッツ以外の回線にすると、「フレッツテレビ」を解約しなくてはならない・・

う~ん、家は周りに高層マンションがあり、ゴーズトの影響がでるので難しい・・
地デジのアンテナつけたくないし・・

で、やっぱり、そのまましかないのかなぁ

自分の見通しの甘さにがっかり

もうすこし、考えよ~。で、また2年がまんかな・・
はぁ・・

「光コラボ」なんて大嫌いだ!!


Bluetoothワイヤレスイヤホンを買った

通勤でRadikoでベイエフエムを聞くのが日課です
また、会社帰りにジムに通っているのですが、そこで、ルームランナーで走りつつ
Radikoでラジオの再放送も聞いたりしてます

結構スマホでラジオを聞く時間が長い!!

そんなラジオを聞く時、今まで、普通のイヤホンを使っていました
妻のお父さんから貰ったもので、お父さんは音楽にかなりうるさかったので、
イヤホンでありながら、1万円程度する、なかなかな品でした。

そんなイヤホンが、なんだか、最近調子が悪い!!

どんな具合かというと、コードを触ると、聞こえなくなったりする事が、多くなってきました

使い始めて、1年程度使っていたので、「そろそろ、買い替えかな」と考えていると、
ワイヤレスイヤホン率が高い事に気が付きました

なんだか、やっぱり、コードが無いのがいい。
ジムで走るときなんか、絶対いいはず!!

思い立ったら、すぐAmazonで「ぽちり」しました
簡単ですが、使ってみた個人的な感想を書きます

ワイヤレスイヤホンを買った

どのワイヤレスイヤホンにするか?結構悩みました(半日くらい)
以下基準で商品を選定しました

1.価格が5,000円以下
  - 高いのを買えばよいのは、間違いありませんが、無理です
2.Android対応(普通かな??)
3.出来る限り軽くて、1日もつ事(通勤+ジム)
4.口コミ・レビューの評価が高い事


そこで、買ったのは「Meilunz NB7 (ブラック)」です
中国製の左右独立型のイヤホンです。約3500円
IMG_20181103_135452


見た目はなかなか良さそうです。
ケースで充電出来るので、使わない時はしまって置けば充電出来る、スグレモノ

使ってみた

1.音質
  ⇒問題ないです。まぁ、Radikoを聞いてる程度なので・・

2.操作性
  ⇒問題ないです。タッチで操作できるのはなかなか良い

3.持続性
  ⇒そのまま2時間くらい持ちます。さらにケースに入れておけば合わせて
   4時間くらいはいけます

4.装着性
これが、私の耳に合わない
 ジムで走っていて、何度も落ちました
 耳の穴の大きさの問題?耳の形(フックがかからない)?

  耳に入る部分が長く、耳に入っている部分で支えている感じ
  徐々に耳の穴が広がっていく感じがします

  だんだん、落ちやすくなるんだよなぁ

  イヤホン


そんなこんなで、あまり使わなくなってしましました。

やっぱりフックがしっかりあるタイプが良かったなぁ
勉強になりました


スポンサードリンク
プロフィール

ささ

名前:ささ
関東地方に住む40代、子供2人と妻と猫とで暮す
主に「ITインフラ系」の構築に携わる。今の会社は転職の末、お世話になり早20数年。保有資格は、「ネスペ」「セスペ」など
最近、「ソロキャンプ」「DIY」を趣味にするため、いろいろと準備中