ささの備忘録

ITインフラSEの備忘録です。ITインフラを中心にしつつ、猫、DIY、バイク、バレーの話をします

ツール

『Pingコマンド』の結果から分かる事

前々回から引き続き、『Ping』コマンドについてです
今回は、Pingを実行したさいに表示される、結果について、書きたいと思います

『Ping』コマンドの結果

結果例1.「Reply from XXX.XXX.XXX.XXX: bytes=32 time<Xms TTL=XXX」
⇒ 宛先へ疎通がある。Pingが成功している。
下の例の場合、
宛先:192.168.1.151に対してPing成功
サイズ:32byteのパケット送信(デフォルト)
タイム:パケット受信まで1ms以下
TTL:ルーターを超えてないのでTTLは128のまま減っていない(デフォルト)

ping11


結果例2.「Request time out.」
⇒ 宛先から応答が返ってこない。最も良くあるエラー
ping12

考えられる原因
-宛先のファイアウォール設定などで、ドロップされている
-宛先が停止している、いないなど

結果例3.「Reply from XXX.XXX.XXX.XXX: Destination host unreachable.」
⇒ ルーティング不可

ping13

考えられる原因
・192.168.1.254(ゲートウェイ)が転送出来ないと返している。転送先場合ルータが停止している等
・ルーティングテーブルはあるが、転送出来ない。ルーティングテーブルの記述が違っている等

結果例4.「Reply from XXX.XXX.XXX.XXX: TTL expired in transit.」
⇒ ルーティングループ

絵準備中


考えられる原因
・ルーティング設定の間違いなどで、ルーティングループが発生している

こんなところでしょうか。
Pingをうつのは、ネットワークトラブルシューティングでは必須です

本当に使えるコマンドですね

『Pingコマンド』でMTU値を探る

前回から引き続き、『Ping』コマンドについてです

『Ping』コマンドの使い方例

例3.適切なパケットのMTU値を探る
>ping -f -l "MTUサイズ" ”宛先IPアドレス"

よく拠点間でVPN接続したりすると、「つながっているけど、遅い」という事があります
原因はいろいろありますが、MTU値が影響しているケースがある

pingは適切なMTU値を探る場合に有効です


例えば、LAN内のMTU値をしらべる場合
まず、LAN(イーサネット)のMTU値を考えてみる

・イーサネットフレームのMTU値は1500byte
イーサネット1
・データ部の中に、IPヘッダ(20byte)、ICMPヘッダ(8byte)がある
・純粋なデータサイズは、1500-20-8=1472byte

<ping コマンドサイズ1472byte>
サイズ1472byteで、ゲートウェイにping。問題なし
df1


<ping コマンドサイズ1473byte>
サイズ1473byteで、ゲートウェイにping。
1byte大きくしただけで、分割できずpingが失敗します
df2

以上から、LANのMTUサイズは『1472byte』とわかります


例えば、インターネットアクセス時のMTU値をしらべる場合
おそらく、LANの中でMTU値を意識することはなく、意識するのはWANにアクセスする場合です

今度はインターネットアクセス時のMTU値を探ってみます
インターネットアクセス(PPPoE)のMTU値を考えてみる

・自宅はBフレッツですので、PPPoEフレームのMTUサイズは1454byteと決まっています
・データ部の中に、IPヘッダ(20byte)、ICMPヘッダ(8byte)がある
・純粋なデータサイズは、1454-20-8=1426byte

<ping コマンドサイズ1426byte>
サイズ1426byteで、GoogleDNS(8.8.8.8)にping。問題なし
df3

<ping コマンドサイズ1427byte>
サイズ1427byteで、8.8.8.8にping。
1byte大きくしただけで、分割できずpingが失敗します
断片化が必要とゲートウェイ機器(FortiGate)が、言ってます
df5

こんな感じです。

覚えておくと、「通信できない」や「遅い」時に、ネットワーク機器に設定する
適正なMTU値を測る事ができます。

次回はPingの結果について書きます

『pingコマンド』で疎通と遅延を確認

私の備忘録として書いている、このブログですが、
これから少しの間は、私の仕事であるネットワーク関連で、日々使うコマンドや診断ツールなど、書いていきたいと思います

まず、普段、最も使うコマンド『ping』


『Ping』コマンドとは

pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドです


『Ping』コマンドの使い方例

例1.自分の端末と通信したいホストと疎通が可能かを確認する
>ping 192.168.1.254
ping1

<ping結果>
疎通OKの場合
ping2

疎通NGの場合(ホストはいるが応答を返さない為タイムアウト)✳その他の結果は後日説明します

ping3


ただし、PingがOKでもその他の通信ができない場合があります。
例えば、Ping応答OKだけど、ファイルアクセスができないなど・・

その逆もあります。

対応ホストのファイアウォールや、経路でドロップされている場合もありますので、
Pingは疎通を確認する手段で、通信すべてを確認するものではありせんので、ご注意ください
ただし、通信でできない不具合時は、最低限実施をするのが『Ping』です


例2.通信したいホストとの間で遅延が発生しているか確認する
ping1

<ping結果>
同じLAN内なので数msで応答がある。遅延はほぼありません
ping4

海外のサイトだと応答が数十msと遅い、若干遅延があります
ping6

ただし、それがアプリケーションの使用に影響があるかどうかは別です
どうも『インターネットが遅い』時などの、参考値として測定する事は有効です

例えば、Googleへのインターネットアクセスが遅い場合、
下の図のように、近い順にpingを打っていき、応答の遅い区間を調べます、
そこから、ボトルネックを探ります

ping7


その他にも、まだ機能がありますので、次回説明させていただきます

次回へ続く
スポンサードリンク
プロフィール

ささ

名前:ささ
千葉在住、転職の末、現在は事務機器系ITインフラを提供する会社にお世話になる、A型の強いAB型
最近、さくらももこさんがお亡くなりになった事が何よりショックでした。猫に相手にされるよう気を使い、嫁と娘たちにも気を使うこの頃。