こんにちは、ささです。

最近、Windows 11評価版を使って動作確認する事が多く、気づいた事を書きます。
Windows 11のエディションは「Home」「Pro」「Enterprise」「Education」

企業に導入するエディションは、「Pro」が圧倒的に多い。
理由としては、企業で使う”BitLocker”や”AD参加”など使える為です。
なので、Windows 11を使用した検証も、できれば「Windows 11 Pro」で行いたい!

但し、評価版で提供されているエディションは「Enterprise」
「まぁ、Proではないけど、検証はEnterpriseでもいいかな」と・・・

なぜなら、Windows 11のエディションの機能を、比較すると、
「Home」<「Pro」<「Enterprise」
となるので、困る事は無さそうです。

評価版を使って困った事

と、困る事は無いと思っていたのですが、そうはいきませんでした。

今回、Hyper-v環境に「Windows 11 Enterprise Evaluation」をインストールしたのですが、
インストール後に行う、初期セットアップウィザードで、

「Microsoftアカウントを選択出来ない!!」

具体的には、アカウントを選択する際に、以下の画面になってしまいます。
1

上記画面キャプチャは、「Microsoftアカウント」を入力する画面ではなく、Microsoft 365で使用する
アカウント「Entra ID(旧Azure ActiveDirectoryアカウント)」を入力する画面です。


「あれっ」
インストールの途中で選択を間違えたかなと思い、何度かインストールし直しましたが、
何度やってもこの画面で引っかかってしまいます。
「Microsoftアカウント」を入力しても、はじかれてしまう。

結論

「Windows 11 Enterprise Evaluation(評価版)」で、Microsoftアカウントではセットアップ出来ない。これは、Enterpriseエディションの制限かと思います。

<ご参考>
Windows サブスクリプション ライセンス認証


評価版なのでしょうがないか。
もし、Enterpriseエディションで、「Microsoftアカウント」を使用する方法をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示ください!!